はたらく

社内に沢山のチャンスが!社内公募の裏側に迫る! #きょうのエン

こんにちは、最近娘の探偵力がすごい。広報の森本です。

 

家の中でスネを強打したときも、職場で物をなくした話も、すべて「きっとこういう状況でママが○○をして、××になったんでしょ」と言ってくる。見てたでしょ?!という恐るべき想像力。天才かもしれません(親ばか)。

 

ここから、本題。


 

エンでは、社員のキャリア開発の一環として「社内公募」制度を積極運用中。

目指したいキャリアがあれば、各部署・職種で公募されるポジションに上司への相談なしで応募することが可能です。これまでに数十名が社内公募による異動を実現しました…!

そして、今月分の社内公募も昨晩公開に!過去最多?の募集がスタートです!

 

 

社内公募での異動者に直撃!

「社内公募」には興味があるけど、実態がよく分からない。周囲に迷惑をかけない?そんなありがちな疑問をぶつけてみました。

中途採用支援の営業から、求人広告の取材から広告作成のディレクションを専門で行なうディレクターへ異動した2015年入社の嶋山。

%e5%b6%8b%e5%b1%b1%e3%81%95%e3%82%93

 

Q1:どうして、社内公募に応募したんですか?

自分がやりたい仕事ができそうなポジションで、募集が始まったからです。

元々エン・ジャパンに入社したのは、学生時代の先輩から「求人広告作成」「さまざまな企業を取材すること」の面白みを聞いていたことがキッカケでした。実際に自分が営業担当として採用支援していた企業でも、求人広告の魅せ方ひとつで、結果が変わることを体感していました。

取材した内容が、転職をする方の志望動機になっていたり、入社後も「あの広告でキャッチコピーが忘れられない」と言ってもらえたり。広告の質が、人生の転換点に関わるってスゴイなぁと。

営業の仕事にもやりがいを感じていましたが、同じ「入社後活躍」をサポートするにあたって、わたしは企業のメッセージを届けるミッションに特化していきたいと思ったんです。

 

Q2:社内公募への不安は、ありませんでしたか?

正直…色々とありました。

そもそも、応募した後にどんなプロセスがあるんだろう?私が抜けたら、一緒に働いているメンバーに迷惑をかけないだろうか?(※この疑問を解消するQ&Aが社内イントラ「広辞en」にアップされています。エン社員は、そちらをチェック!)

迷いもあったんですけど…それ以上に、自分がやりがいを持てている仕事に没頭したい。広告作成のプロフェッショナルを目指したい、という想いが勝ちました。実は、今も休日に広告勉強会へ参加して、既存メンバーに追いつけ、追いこせ!で奮闘しています。

快く送り出してくれた、営業時代の上司、メンバーのみんなには、すごく感謝しています。

 

Q3:実際に応募してみて、意外だったことはありましたか?

面談の内容は、想像以上でした。ディレクターを統括しているIさん、配属後に上司となるSさんとは、1時間みっちりお話したんです。改めて私のキャリアと真摯に向き合ってくれる姿勢に驚きました。

面談の中では、私のキャリアに対する考え方はもちろんですが、異動先の実態も包み隠さず教えてくれました。特にしんどい面を重点的に話してくれたことが、印象深いです。

大変な面をたくさん話しながら、「だから、こう変えていきたい」「こんな組織にしていきたい」と理想像を語ってくれたので、私もその力になりたい!とますます心惹かれました。

エンの求人原稿でも「仕事のやりがい・厳しさ」「この仕事に向いている人・向いていない人」と必ずネガティブな面も包み隠さず伝えていますが、その効果を実感できました。

今後、ディレクターとして求人を出す企業とお話する際に、経験談としてより生々しくネガティブな情報を伝える必要性をお話できると思います。

 

Q4:社内公募を考えている人に一言!

まずは行動してみることがとても大切だと、今回とても感じました。自分がやりたいと思っていることや、違う領域で自分の能力を発揮できる機会をいただける貴重なチャンスです。
先輩方もキャリアについて一緒に考えてくれるので、心配だったら、信頼できる人に相談してもいいと思います!

 

 

そして、渦中の人。社内公募を取りまとめる人事責任者、平原に突撃。

 

今回の社内公募にかける意気込みを!

%e6%86%82%e3%81%84

社内公募、応募来るかなぁーー

 

%e6%82%a9%e3%81%bf

社内公募のQ&A、「広辞en」(注:社内イントラネットで公開されている社内Q&Aサイト)にアップしたけど、みんな見てくれているのかな?

 

%e6%ad%93%e8%bf%8e

興味あるポジションがあったら、応募してくれると嬉しいな!ウェルカム!

 

と、意欲満々です。

朝からいろんな表情を見せてくれた平原氏。こんな時、社歴が長くて良かったと痛感。ありがとうございました。

 

これだけ、募集側がさらけ出しているのだから、きっとたくさんの応募がきますね!

嶋山さん、平原さん、突撃取材に快く応えていただき、ありがとうございました!!


社員の意欲をかってくれる会社で働きたい、自分のキャリアを切り拓いていきたい!そんな方は、こちら!エンは社外からも、積極採用中!
ensoku_banner_01