まるっと公開!エン・ジャパンの社内報
人気のキーワード
まるっと公開!エン・ジャパンの社内報
エンの採用担当File #6(野田さん)ー裏方から、組織を変えていく。
2021/06/02UPDATE!

エンの採用担当File #6(野田さん)ー裏方から、組織を変えていく。

miyuki_hada
読書と海とNiziUが好きな広報。コンサルティングセールス→人事→営業推進を経て現在4職種目。

こんにちは、広報の羽田です^^

連載中の「エンの採用担当File」

普段は面接や面談で質問する側になることが多い採用担当を、逆に質問攻めにしちゃうシリーズです♡

シリーズ6回目は、新卒採用担当の野田さん(入社4年目)の登場です!

 

最初に、今までの経歴を教えてください!

 

2018年新卒入社で、現在4年目です。入社してから1年半は、中途求人メディア事業部で営業をしていました。 2年目後半から人事への異動し、会長の越智さんや社長の鈴木さんが登壇する新卒セミナーの企画・運営や面接、インターンシップ企画などのミッションに挑戦しています。

 

小さいころは、どんな子でしたか?

 

とにかくおばあちゃん子でした。性格は、めちゃくちゃ引っ込み思案の恥ずかしがり屋
祖母と散歩してるとき、近所のおじちゃんおばちゃんに声をかけられないように祖母の真後ろばかり歩いていた記憶があります(笑)

とにかく人から注目されることが恥ずかしくて、なるべく目立たないように過ごしていた気がします。この頃から周りの目を気にして、人前に出ることへの抵抗が強くあったんだと思います。

おばあちゃん大好きっ子でした

どんな家族の中で育ちましたか?

 

両親、兄、祖母との5人家族です。野田家は、祖母を筆頭に気が強く頑固な性格の人が多いので、しょっちゅう家族喧嘩してました。(空中にあらゆるモノが飛び交うなんてことも普通にあって、実家のダイニングテーブルは傷だらけです笑)

なので、喧嘩をなんとか止めたい、仲直りさせたいと家族の間を取り持って立ちまわることが多かったです。そんなことを小さいころからしていたので、家以外でも誰かと誰かの調整役みたいなことを無意識のうちにするようになりました。

そのおかげなのか、今の仕事でも裏方に回って仕事を潤滑に進めるための穴埋めや仕組づくり、細かな調整をすることが得意です。

 

学生時代はどんなことをしていましたか?

 

高校までは陸上部で部活三昧の日々でした。とにかく練習や大会の日々だったので、部活以外の思い出はほぼありません。

周りはインターハイで入賞するレベルの選手たちがたくさんいて、ついていくのに必死でした。合宿で400mを20本走るメニューがあったときは、この世が終わるんじゃないかくらいの暗い気持ちで前日は眠ってました。実際に走ってているときも辛すぎて、涙なのか汗なのかわからないくらいぐしゃぐしゃの顔だったと思います(笑)

でもこの経験のおかげで、「どんなに辛いことがあってもあれ以上にしんどいことはないだろう」という度胸と忍耐力はつきました。

 

大学に進学してからは留学に挑戦しました。これが大きく自分の性格の殻をやぶるきっかけでした。

それまでは人目を気にして行動することが多く、何をするにしても「これやったらあの人からどう思われるかな?」「これって正しいことなのかな?」とばかり気にしてて

でも私の住んでたカリフォルニアでは、それとは真逆の価値観で衝撃を受けました。「人前なのにそんな恰好するの?」「大講義なのになんでこんなみんな挙手するの?」とか。

戸惑っていた私に現地の友達が何気なく言ってくれたことがありました。「そんなにあなたのこと誰も見てないし、いちいち評価もしてない、思い悩むだけ無駄。」と。

この言葉を聞いてからなぜか肩の力がすっと抜けて、「周りの目を気にして行動にブレーキかけるのはもったいない、自分は自分、あなたはあなた」って考えることに決めました。そこからは切り替え早かったです(笑)

残りの留学期間、後悔しないように周りの目を気にせず、とにかく好きなことを挑戦しようと決めて、新しい寮に住処を変えたり、運転免許とるために人生初の運転をアメリカで友達に教わったり、、、、とにかく自分の気持ちの赴くがままにやりたいことだけをやり続けました。

「私は私、あなたはあなた」と人目を気にせず自分らしく生きていこうと考えられるようになったきっかけだったので、アメリカ留学は私の人生の転機だなと思っています。

高校時代は4×400mリレー走っていました。

どんな就活をしてましたか?その中でエンに入社を決めたのはなぜですか?

 

留学に行っていたため就活情報に詳しくなかったので、まずは当たり次第に日程が合うインターンにエントリーしてました。

その中の一つにたまたまエンのインターン「gate」がありました。それがエンとの出会いです。

正直その時は全く人材業界には興味なくて、「圧倒的に成長できた」という評判を見て「なんか就活のためになりそうだな」くらいの軽い気持ちで参加しました。でも箱を開けたら、とてつもなくきついインターンで衝撃を受けました(笑)

「エン・ジャパンの採用戦略を立案せよ」というお題でワークに取り組んだのですが、あれだけ頭をフルに使ったのは大学生活の中でこの時だったんじゃないかと思うくらい濃い3日間でした。3日間で何度もメンターにプレゼンをするんですが、毎度毎度ぼこぼこにフィードバックされて。たくさん涙こぼれました(笑)

 

最終的エンに入社を決めたのは、自分のできないことに向き合い続けられる環境だと思ったからです。

もともと「できないことをできるようにする」ことは陸上をやっていたころから当たり前の価値観になっていたので、それを社会人になっても求めていきたいと思ってました。

エンのインターンでは、メンターから「周りの目、気にしすぎじゃない?もっと自分らしくありなよ。言いたいことあるなら言わないと伝わらないよ」と言われました。

留学をきっかけに、人目を気にせず自分らしく生きていこうと思ってはいましたが、実はまだまだ行動を変えるということまではできていなかったのかとそこで初めて気づきました。

私のことをこんな風に理解してくれて、できないことに向き合わせてくれるのはエンしかないと思ったのが一番のエンを選んだ理由です。

エンのインターン参加時の写真です。当時メンターだった南條さんとは今同じ部署で働いています。感慨深いです…!

趣味や特技、周りから意外だと言われる側面など、教えてください!

 

数字を扱うのが好きです。(人事メンバーからは不思議がられることが多いです笑)

小さいころから公文式に通っており、算数の問題が私にとってはゲーム的な存在でした。兄がテレビゲームをしている横で、私は100マス計算や数独をひたすらやっていた記憶があります(笑)

今もそれは継続していて、スマホの中には数独や永遠に足し算し続けるゲームアプリが入っています。

その影響もあってなのか、仕事でも人前に立って話をするよりもExcelの数式を組んだりすることの方が断然好きです。人事としては珍しいタイプだと言われます。

こういうのを見ると、解きたくてうずうずします(笑)

入社以来、一番しんどかったのはどんなときでしたか?

 

コロナの影響で、それまで対面で行っていた社長登壇の会社説明会を、オンライン生配信したときです。

コロナの影響が強くなってきた2020/2/25にオンライン生配信にするという最終意思決定をして、そこから準備期間5営業日での開催でした。LIVE配信の経験など全くなく、はじめは「ぜっったいムリ!」と一人で家で叫びまくってました。

でもこれが無事成功したのは、チームワークがあったからだと思います。誰か一人でも欠けていたら、できなかったです。同期の上田さんのファシリテーターとしての力はもちろん、当時上司だった津田さんや羽田さんの推進力にとても助けてもらいました。

そんな中で私は、裏方の調整業務は自分だからこそできることがあると率先して行いました。表立った仕事ではなくても、裏での細かな調整や指示出しがひとつでもうまくいかないだけで大きな失敗に繋がってしまうので、とても緊張感がある仕事でした。

 

憧れている人、どんな人ですか?

 

元フィギュアスケート選手の浅田真央さんです。

「真剣にやっているつもりでも、まだまだ100パーセントじゃなかったんだな。もっともっと上があったんだ」 学生の頃、たまたま見たテレビの取材での言葉です。あれだけの成果を出してきているのにまだまだ上を目指し続ける姿にかっこいいなと惹かれました。 こんな風に向上心を持ち続けられる人でありたいなと思います。

浅田真央さんのスケートツアーには何度か足を運んでいます。

仕事をする上で、大事にしているスタンスを教えてください!

 

小さなアリになることです。

アリは雨が降る前になると、巣に水が流れこまないようにするために巣穴をふさぎ、仲間や住処を守るそうです。

同じように私も、組織が最大限のパフォーマンスを発揮できるように、裏での調整やサポート、穴を埋めるような縁の下の力持ち的なポジションになりたいです。

もともと潤滑油的な役割を小さいころからしてきたことや、人前に出ることが苦手という性格もあるので、その方がしっくりきています。

 

今もエンで仕事を続けているのは、なぜですか?

 

まだまだエンで成長しきれてないと思うからです。

入社して4年目ですが、毎日できないことの多さに愕然としながら仕事しています(笑)できないと感じることがある限り、エンで挑戦し続けようと決めています!

 

ーーーーーー

野田さん、ありがとうございました!新たな側面を知ることができました^^

他の「採用担当File」もぜひご覧ください!

▼入社9年目の小林さん

エンの採用担当File #5(小林さん)ー元薬学部のゲーマー人事はイノベーター!?

▼入社9年目の津田さん

エンの採用担当File #4(津田さん)ー自分で自分を幸せにできる人を増やしたい

▼入社6年目の井川さん

エンの採用担当File #3(井川さん)ー誰に対しても等身大で

▼入社2年目 秋田さん

エンの採用担当File #2(秋田さん)ー教員になるつもりだった私がエンにいる理由

▼入社2年目 武井さん

エンの採用担当File #1(武井さん)ー 導くのではなく一緒に考える

この記事が気になったら
シェアをお願いします!
エンの採用担当File #6(野田さん)ー裏方から、組織を変えていく。
エン・ジャパンは
積極採用中!
わたしたちと一緒に働いてみませんか?
詳しい採用情報はこちらから!
最近のエン・ジャパン
写真でひも解く!エンのリアル