くらし

ベトナムで何してるの?とある社員の1日に密着してみました。

こんにちは。ベトナムのNavigos Groupに出向中の横山です。

 

今日はタイトル通り、私が大変お世話になっている先輩”さとるくん”の1日に密着してみましたので、そのレポートをさせて頂きます。

主人公:さとるくん

”さとるくん”とは?

本名:吉岡 悟(ヨシオカ サトル)

出身:奈良県

略歴:大学を卒業後、大手設備会社にて営業や施工管理として勤務。繁忙期は2週間現場に泊まりこみなど、ほとんど家に帰れない生活を送っていたそうです。(ベッドで寝たいと切実に願っていたようです。。)その後、エンワールド・ジャパンに転職し、ベトナムのハノイに出向した後、今年の1月からホーチミンに異動という異色のキャリアを持っています。

保有資格:消防設備士、宅地建物取引士、TOEIC 990点(満点)、英検1級、TOEFL IBT 107

愛称:”さとるくん”、”星のカービー”、”セントくん”、”子ライオン”

担当業務:両面(企業と転職者)のコンサルタントとして、ベトナムにある日系企業への採用支援、ベトナム人・日本人の転職希望者のサポートを行っています。

 

週に一回のランチチームミーティング。

(写真、真ん中の青いシャツの男性がさとるくんです。)

そんなさとるくんのこの日は、ベトナムのドンナイ省にあるアマタ工業団地に営業をしにいくとのことです。

ちなみに、アマタ工業団地とはホーチミン市内から車で1時間半ほどの場所に位置し、総面積は約700ha (東京ドーム約150倍に相当)で 、現在の入居企業は約150社(内、日系企業が約70社)というとにかく広くてたくさんの工場が入っている場所です。

▼08:30 商談前の最終準備。

▼09:00 現地のタクシーを使って、アマタ工業団地へ出発

▼10:20 アマタ工業団地到着。最初の営業先へ

クライアント先では基本的に現地の方が警備しているため、英語を使って会話をし、中に案内してもらいます。

▼11:30 最初の商談が終了。お昼休憩

大好きな日本食を目の前にご満悦顔

※余談ですが、ベトナム(ホーチミン)には多くの日本食屋が進出しており、焼肉・お寿司・鍋・ラーメン・鉄板焼きなどなど。なんでもあるんです。

▼13:00 二件目の営業先へ

▼14:00 終了。三件目の営業先へ移動

▼14:30 三件目の商談開始。

▼15:30 終了。タクシーでオフィスのあるホーチミン市1区へ戻る。

▼17:00 帰社。今日の営業から得られたクライアントが求める人材情報をもとに、人材を探す。

▼18:00 転職希望者との面談

▼20:00 仕事がひと段落したところで、退社

 

ちなみに、Navigos Plus team(日系企業担当チーム)は全員で12名(女性8名 男性4名)の明るく元気な活気にあふれたチームです。

ベトナムでは、人差し指と親指で♥の形を作って写真を撮るのが定番です。

最後に、さとるくんからありがたいお言葉

”この日の営業では三社それぞれまったく異なったメーカーで企業で、担当の方も雰囲気がそれぞれ違った方たちでした。そういった日々の新しい出会いが人材紹介の面白いところであり、担当の方たちの笑顔やその企業の熱意を感じると頑張れる”

以上、素敵なさとるくんの一日密着でした!