まるっと公開!エン・ジャパンの社内報
人気のキーワード
まるっと公開!エン・ジャパンの社内報
発想研磨力を高めよう!女性社員向けにワークショップを開催しました!  #WOMenLABO
2019/06/18UPDATE!

発想研磨力を高めよう!女性社員向けにワークショップを開催しました!  #WOMenLABO

おおはら
エン・ジャパン広報担当。4歳の娘と1歳の息子がいるワーママです。 すきなこと:子供と一緒にはしゃぐ、食べる、お酒、手芸、爆買、歌う、ジャニーズ。

広報の大原です。

先週WOMenLABO主催で、女性社員向けに「発想研磨力を高めるワークショップ」を開催しました。

新たなアイデアを生み出す発想力は変化の激しい世の中においてどんなビジネスパーソンにとっても必要不可欠な能力。

発想力を磨いて、さらにクライアントの役に立つことを考えていこうという思いから勉強会を企画しました。

 

社内では発想力を磨くことへの意識が全体的に向上中!先日は年間MVP受賞者の瀧本さんから発想研磨力を学ぶ勉強会も。

年間MVP・瀧本さんから学ぶ会!発想研磨力night!#きょうのエン

 

ちなみに、東京オフィスに勤務している女性社員30名限定で声をかけたところ…呼びかけたその日に満席になるほど大盛況!(運営に関わった者としては嬉しい限り…涙)意欲の高さが伺えます!!

 

設営中。必要な備品を机ごとに用意。

色とりどりの付箋も準備。

続々と参加者が集まってきます。

司会は広報の松田さん。

まずは、自己紹介から。参加者の部署や年次は様々。初めて会話をする社員同士も多かった様子。

 

いざワークショップスタート!

仕事でのアイデアをいきなり考えるのはハードルが高い??ということで、アイデア出しの練習から。

お題は、「茨城県の魅力を高めるアイデアを出してみよう!」※茨城県は都道府県魅力度ランキングで6年連続最下位らしい…涙

まずはアイデアを書き出して。

他県にある魅力の棚卸しをして、茨城県に置き換えてみたり。有名テーマパークを作るという案を出してみたり。

アイデアを出す練習をしていきます。大事なのは数!

ペイオフマトリクスという、効果と実効性の2軸で構成されるフレームワークを使って、情報を整理します。

 

アイデア出しの練習をしたところでいよいよ本番。

★誰のために発想力を磨く?
★定めたターゲットのために役立てることは何か?
★そのために、どんなインプットが必要?

この3つを自分の仕事をふまえて言語化していきます。

自分が発想力を発揮する対象を思い浮かべながら、アイデアを出していきます。

出たアイデアを整理して。

チームごとにアイデアを発表。「その取り組み、いいね!」という声も湧き上がりました。

出したアイデアを忘れないように記録に残す。(大事!)

最後に次回7月に開催するワークショップの第二回目までの計画を立てました。

参加した方からはこんな感想が。

・同じテーマに対し1人で行うのではなく、複数人で共有し他人のアイデアを得ることで視野が広がっていくことを感じました。

 

・単発ではなく、継続的に自分を鼓舞し続けられる機会、ありがたいです。同じチームになった皆さんのお話も、各ミッション、年次によって違いながらも、目の前のことに真剣に向き合っていて、素敵でした。”ホントに忙しいなかでここに来たんだから、良い時間にせねば”という気持ちが強まりました。ここから12月まで、がんばります。

 

・「発想研磨のためには、まずはアイデアの量を出す」という話がありましたが、そもそもの引き出しの多さや知識量がないと、ブレストさえもできないな…と痛感しました。

 

・ワークショップへの参加を通じ、発送研磨力を上げるためのインプットは日々簡単なことでも良いから実践し、継続していくことが重要であると気づきました。1ヶ月後、少しでも前進した自分をチームの方々に披露できたらと思います。

ワークショップはこれから毎月開催!
継続的に実施することで、PDCAを回しやすくなりますし、一緒に取り組む社員がいることで「自分もちゃんとやろう」と頑張る活力にもなっているようです。

今後のワークショップもen soku!上でご紹介していきます^^お楽しみに!

参加いただいた皆さん、ありがとうございました!

この記事が気になったら
シェアをお願いします!
発想研磨力を高めよう!女性社員向けにワークショップを開催しました!  #WOMenLABO
エン・ジャパンは
積極採用中!
わたしたちと一緒に働いてみませんか?
詳しい採用情報はこちらから!
この記事を書いたレポーター
最近のエン・ジャパン
写真でひも解く!エンのリアル