まるっと公開!エン・ジャパンの社内報
人気のキーワード
まるっと公開!エン・ジャパンの社内報
Happy Working MAMA #09 大原さん(広報)#きょうのエン
2020/01/31UPDATE!

Happy Working MAMA #09 大原さん(広報)#きょうのエン

chinatsu arito
新卒入社(社歴は数えないようにしています)。コピーライター、新規事業を経て、デジプロへ。虫が大好きな5歳の息子がいます。

エン・ジャパンには、楽しそうにイキイキと働くお母さんがたくさんいます。

育児も仕事も大切に、毎日頑張るワーキングママを紹介していきたいと思います。

題して「Happy Working MAMA」です。

今回の Happy Working Mama は、東京の広報として活躍中の大原さん。

その笑顔に迫ります。

 

 

▼ Happy Working MAMA’s profile 

年齢:35歳
社会人暦:14年目(エン・ジャパン暦14年)
家族構成:夫、娘(5歳)、息子(2歳)
勤務時間:9:00~16:30

 

▼ How MAMA works…

Q:今の仕事は?

広報の仕事をしています。主な仕事はプレスリリース作成、取材対応、メディア訪問、社外報『en soku!』の運営です。

ミッションは、エン・ジャパンのサービスや会社の取り組み、社員を世の中に知ってもらい、ファンを作ること。また、女性活躍推進プロジェクト『WOMen Labo(ウーマンラボ)』の推進も担っています。

 

 

Q:出産後も、働き続ける選択をしたのはなぜ?

もともと仕事が好きだったので、出産して辞めるとは思っていなかったですね。それに、当社がちょうど子育て中の社員が増えてきたタイミングだったので、安心して復職できるなと思ったのも大きいです。

 

 

Q:育児との両立で、つらかった時期は?

第一子の復帰直後です。育休中は子育てに没頭してたのでのんびり過ごしてしていましたが、それが一転。世の中や会社の変化のスピードについていけず心が折れそうになりました…笑

具体的に辛かったのは、限られた時間の中で成果を出す必要があることですね。復職前は、自由になる時間がたくさんあって、1つの仕事に時間をかけても良かった。けれど、復職後は保育園のお迎えという終わりが明確に決まっていて。その中で成果を出す必要がありました。

特につまずいたのは、プレスリリースの作成です。伝えたい情報を精査する、話題になりそうなポイントを見極めて文字にする、わかりやすく端的に伝える、調査系のリリースでは結果を読み解き、読み手に齟齬なく伝えられるようにする…。それをこれまでよりも短時間で、というのがとても難しかったです。

 

 

Q:その壁、どうやって乗り越えた?

心が折れそうになったのはなぜだろうと考えたときに、自分自身の圧倒的なライティング力不足が要因だと感じて。

であれば、なんとか能力を高めるしかないと思い、仕事終わりに宣伝会議のスクールに通うことを決意。やれるところまで頑張って、それでもできなければ辞めようと、良い意味で開き直って(笑)。

夫や実母に子供のお迎えをお願いしたり周りに助けてもらいつつ、半年間通い続けました。その経験が自分の自信になって仕事にきちんと向き合えるようになりました。

 

 

Q:働き続けてよかったと思うことは?

「母親」や「妻」としてだけでない、個としての居場所があると感じられていることでしょうか。仕事で感じるやりがいや達成感は、何ものにも代えがたいですね。

保育園に通うことで、子どもたちがたくさんのお友達や先生に出会い、日々ぐいぐい成長してくれているのも良かったことの1つです。自分だけで子育てをしていたら今ほど成長させることは難しいと思うので…保育園には感謝しかありません!

 

 

Q:オススメの「時短テク」があれば教えて!

やらないことを決める!

育児も家事もこだわればその分時間もかかります。でも、仕事をしながらの子育てはとにかく時間がない!のでできる限り手抜きをしてます。洗濯物は干さない、たたまない。平日は手作り料理をマストににしない、外食・中食バンザイ!掃除機も休みの日に週一回できたらOK!

この状況が一生続くわけではないので、今の時期だけと割り切ってできる限り家事は手放す。その分生まれた時間で子どもたちと遊んで過ごしています。

 
 
 
 

Q:育児と仕事、楽しく両立する秘訣を一言でいうと?

子供と笑って過ごすことが第一優先。

ご飯が作れなくても、家がちょっとくらい片付いてなくても、自分と子どもたちが楽く過ごせてればそれで十分︕

それに、子どもたちが楽しく過ごせていると、子どもたちが早く寝たり、準備がスムーズだったりと何かと好影響が。結果として自分のストレスも減り、仕事もフルパワーで取り組めます。

子どもたちもあっという間に成⻑してしまうので、1日1日を大事にしていきたいですね!(うう、成⻑が嬉しいけど淋しい…)

 

 

写真:長谷川純菜

 

大原さんの紹介はここまで!

次の「Happy Working MAMA」はだれかな~??

 

▼過去の「Happy Working MAMA」もぜひ!笑顔が素敵なHappy MAMAに元気をもらえます。

Happy Working MAMA #06 岩松さん(営業)#きょうのエン

Happy Working MAMA #08 福島さん(営業)#きょうのエン

この記事が気になったら
シェアをお願いします!
Happy Working MAMA #09 大原さん(広報)#きょうのエン
エン・ジャパンは
積極採用中!
わたしたちと一緒に働いてみませんか?
詳しい採用情報はこちらから!
この記事を書いたレポーター
chinatsu arito
新卒入社(社歴は数えないようにしています)。コピーライター、新規事業を経て、デジプロへ。虫が大好きな5歳の息子がいます。
最近のエン・ジャパン
写真でひも解く!エンのリアル