おたより

家事代行の法人割引サービス導入決定!提案者に聞いてみた。#きょうのエン

こんにちは、エン・ジャパン広報の森本です。

Mr. エンの青い耳。今度、地元テレビに出演予定の福岡支社に送ってみたところ。本日こんな写真が送られてきました。

早速大活躍しているようで、なにより。この手は、福岡の合言葉「ビヨンド」を表しているとか。

 

さて、先週発表した当社の新制度(下記からプレスリリースへ)。家事代行サービス「CaSy(カジー)」を利用した、「家事代行割引制度」が始まりました!
※一旦は、サービス提供エリアの関東と関西(大阪・兵庫)でスタート

 

法人割引が効く、本制度。なにをお願いできるかというと…

こんなインスタ映えする作り置きをしてくれる「お料理代行」や

なかなか手の回らない水回りや、窓掃除もしてくれちゃう「お掃除代行」。※いずれも画像は、CaSy社提供。

 

この制度が始まったキッカケは、社員の「これ提案※」!

※説明しよう!「これ提案」とは?

エン・ジャパンの制度で、全社員が自社やサービスの改善案を月に1回以上提案するもの。上司から「それやろう!」と認定されたものは、発案者が中心となって実行まで結びつけていきます!報奨金も出るし、自分のアイデアがカタチになるし、社員の意見がどんどん取り入れられる制度です。

 

子育て中の女性社員から、仕事も家事も100%なんて大変…誰かの力を借りようよ!と提案があって、採用が決まりました。

そこで、発案者の麻衣さんに取材を敢行! どうしてこの制度を提案したの? 家事代行ってどんな時に使うの? に答えていただきました!

いつもニコニコの麻衣さん。よろしくお願いします!

 

家事代行割引制度、すっごく良いですね! どうして提案しようと思ったんですか?

ありがとう。家事代行サービスは、私がもともと使っていたので、もっと社員にも気軽に利用してほしい。そのキッカケになれば…と思いました。

私自身、第一子の出産から2年前に復帰。復帰直後もバタバタでしたが、この春からはマネージャーにも着任。自分と夫の2人だけで、仕事と家事・育児を全力でこなしていくのは無理!と悟ったんです。

アウトソースできるものは、どんどんしたほうが良い。自分たちだけで頑張らなくて良いんだよ、とみんなに伝えたかったですね。

さすが仏の麻衣さん、視野が広いです。

 

家事代行サービスを使ってみて、良い点はなんでしたか?

とにかく日々の心のゆとりが違います。多少できていなくても、いいやって思えるんです。

元々は夫の仕事が急に忙しくなって、ワンオペ寸前。つい「もっと協力してよ」といさかいが起きそうになりましたが、家事代行を使うと決めてから気持ちを割り切ることができました。

 

それ、大事ですよね。具体的には、どんな用途に家事代行サービスを使ってるんですか?

私の場合は、床の水拭きやワックスがけ、窓拭きなどをお願いしています。日頃、なかなか手が回らないけど、気になるところなので。

今は月に2回程度の利用(1回2時間で、月1万円程度)ですが、プロの手でピカピカになった家を見るとすごく気持ちが休まります。

 

もはや家事代行アンバサダー。麻衣さんが仕事でバリバリ成果を出している背景には、こんな秘密もあったんですね。

 

私はまだ使ったことがないので…やはり知らない人を家にあげるのは抵抗があるのですが…? 不安な点はありませんでしたか?

最初は多少あったけど、すぐに慣れました。 作業中は、一緒に家にいても良いし。カギを預けて(注:カギの保管料で別途980円発生)出かけていても良いので、好きな方を選べばいいと思います。

掃除道具は、自宅にあるものをスタッフの方が使うので、それだけ用意しておくことが必要かな。

 

最初の一歩が大事ですね…どんな人に使ってほしいですか?

わたしのようなママ社員はもちろん、男性社員や独身の1人暮らし社員にも積極的に使ってほしいですね。結婚している社員は、パートナーへのプレゼント代わりに。すごく喜ばれるはず!

1人暮らしの社員も、健康的な生活を送りながら、さらに仕事へ打ち込める環境を作るために。ぜひ!!

とはいえ、当社の社員はまだまだ家事代行サービス未体験の人が多いと思うので…今後、このエンソクで「CaSy体験記」を掲載していく予定です!ぜひ、お楽しみに。

 

わーーそれは楽しみですね! 同期のあの子とか、あの夫婦とかに使って欲しいので、私も広めていきます!!体験記、楽しみです!

 

麻衣さんって、何者なの?素敵!と思った方は、こちらからキャリアにも触れられます!


社員からの提案、大歓迎! 仲間も募集中!