くらし

【ハノイ】ナビゴスはイベント熱がすごいらしい

 

こんにちは。ハノイの倉重です。

 

ナビゴスへきて感じていること、それは、

 

あれ?イベント多ない?ということ。

 

イベントの気合いぶりばりやん!ということ。(ぶりばり=ばりばりの最上級)

 

今回は、イベントに情熱を捧げる弊社のオリンピックを紹介します。

 

イベント毎にホーチミンから飛んできちゃう、チャーミングな代表のガクさん。

 

■当日までに起こること

・連日本気のダンスレッスン(自主練してなかったら詰められる。)

・運動会と言ったら食い気味で訂正(だってオリンピックだもん。)

・うちの会社に「イベント」っていう職種あったっけ(イベントに関するメールめっちゃ回してくれるスタッフさんいる。)

 

■当日までに発生するトークスクリプト

「身体仕上がってる?」

 

さあ本番!

開会式は全員参加のオープニングダンスで魅せる

 

 

ダンスはイベントの基礎。全員参加で本気踊り。当日までの練習量とともに深まる絆。

社内で念入りにリハーサルもあり。(本番、観客とかいないけど何のために?とかそういうのじゃない。)

ナビゴス入りしてから覚えたダンスの数知れず。

 

掛け声:モ、ハイ、バー、ヨーーーー!!!

 

あ!せみさんだ!(柴田さん、おねむかな?)

 

シンプルな勝負

 

 

うでたて伏せ大会。

「できたよ(^ω^)!」とってもかわいい柴田さん。ほっこりって、こういうこと。

 

どこで買ったんだろうこれ

 

続きまして、相撲大会!!

とっても頑張ったせみさんにフューチャーして、以下お届けします。

 

「日本人は相撲まけるな!!」のコール(プレッシャーレベル鬼)のもと、

なんとも言えない相撲きぐるみと共に入場。

 

まず気迫

 

 

おらおらおらおらおらおらおら

 

スタッフさん(日本語勉強中):「サヤカさん、この状況を日本語でなんていうのですか?」

私:「身体中満ち溢れる野生のエナジー、かな。」

 

どーん

 

ちなみにまさかの連続3回勝負。勝負後燃え尽きた瀬見さんは40分間ダウン。

 

スタッフさん「サヤカさん、この状況を日本語でなんt」

私「熱き鼓動の果て、だよ。」

 

いい笑顔

 

 

なんだろう、この達成感。

なんだろう、この清涼感。

そうそれは、ナビゴスイベント魂。