はたらく

成果を出すためのオーナーシップとは? ~イケてる先輩の秘技を盗め~

 

皆さん覚えてますか?そう、僕です。

日々タスクに追われる、”終わらない男”こと人事の楠です。

 

前回、先輩人事のもなみさんに業務効率を上げる秘訣を伺いまして、少しずつですが仕事の回し方を覚えました。もはや”終わりそうな男”です。

 

が、しかし!今度は次の壁に、、、

職務の幅が広すぎる!!

 

面接など、採用周りのことはもちろんですが、イベントやら各種プロジェクト運営やら「企画」というものが複数同時に進捗していて、もう頭の中がぐちゃぐちゃです。

 

自分不器用ですから。。。 正直一つのことしか出来ないよ、、、ふぅ、、、

よし!!ここはいつも相談する、頼れるマネージャーの豊田さんに、、、

「まだかな、まだかなー、ガッケンのおじさんまだかなー。」

 

 

1時間経過、、、

 

「全然帰ってこないなぁ、、、待ちくたびれたよぉ、、、でも、果報は寝て待てだよね。」

 

 

2時間経過、、、

 

「、、、先がみえない。なにも見えない。お先真っ暗モードに突入!」

 

なんて日だ!なんて忙しいんだ!!忙しすぎて自席に全然戻ってこないじゃないか!!!さてはおサボりだな!!

そいえばスケジュールに空きがない。なんてこった、、、先にスケジュール見ておけば、、、僕としたことがケアレスミスだ。

じゃあリーダーの福村さんは、、、、ミーティングかぁ、、、みんなミーティング好きだな、、、本当にミーティングしてんのか?

 

救世主「クスノキー、あのプロジェクトの件なんだけどさぁ、、、」

楠「はっ、救世主発見!!!助けてぇぇ!メシアァァ!!」 水品「え、なに?必死の形相で(気持ち悪い)」

 

僕より後に営業から異動したのに、さっそく成果を出して賞も受賞してる水品さん。いつもいろんな業務をマルチにこなしているイメージ。

全体的になんか若いですね(笑)約半年前の写真です。

 

楠「あー、あのプロジェクトの件なんですけど、、、ちょっと相談が、、、、」

「というよりそもそも助けてくれって話なんですが、、、」

「企画やプロジェクトってどう進めるんですか!!!」

 

水品「え、なんだよ急に、、、」

楠「面接やったり、調整業務したり、プロジェクトがアレもコレもあって、っていうかそもそもプロジェクトの進め方基礎しか教わってないし。俺器用じゃないし、、、」

「確か前職は派遣会社で拠点長されてましたよね?いろいろと経験してるから出来ると思うんですけど、、、もう、何をどうしたら、、、パニックです。」

営業時代の水品さん。スタイリッシュな雰囲気が素敵ですね。

 

水品「俺だって全然まだまだ。異動したては苦労して上司によく怒られたんだよね。」

楠「え、意外ですね。クールに仕事してるイメージっす。福村さん厳しさ満点ですよね。横文字多いし。擬音も多いし。半分くらい何言ってるか分からないです。」

水品「入社したときの面接官だったから、一緒に人事やっているのって不思議な縁だよね。たしかに人事としての考え方とかは厳しくされるけど、基本的にフリーにやらせてもらってるよ!」

「テクニカルなスキルとか関連各所への配慮とか大事なことは一杯あるけど、一番はオーナーシップかな!ここはひたすらに求められて苦労したよ。。。」

 

楠「オーナーシップ???」

■オーナーシップとは、、、

個人と組織、個人と仕事との関係を示す概念で、担当する仕事を“自分自身の課題”と主体的に捉え、強い情熱と責任感を持って取り組む姿勢のこと。 与えられた職務やミッションに対する自発性、経営に対する当事者意識、参画意識などがオーナーシップを形成する要素です。(出典:人事労務用語 Weblio辞書)

 

楠「なるほど。僕高学歴なんで意味はわかりました。掛け持ちもいっぱいあるし大変じゃないですか?」

 

人事になって少し優しい雰囲気になりましたかね?新卒1年目の教育担当も経験しています。

 

水品「1番は意志を持つことだよ。これは能力関係ないでしょ?やりたいと思って意志をもって始める。自分が成し遂げたいゴールに執着心を持って、周囲の協力者を巻き込みながら先頭に立ってプロジェクト引っ張ることだね。」

「もともとマルチタスクをこなしたり、バランスよく物事を進めることには自信があったけど、自分の意志を伝えて組織を牽引したり、ゼロからイチを作ったり、リスクをとってでも行動したりは正直苦手だったんだ。」

楠「たしかに器用なイメージありますが、苦手なことあったんすね。」

水品「相当鍛えられたよね。人事マンとしての自覚はひたすら言われたから考え方が広がったと思う。元々リスクヘッジする癖はあったのかも。でも大事だよね自分が責任を持つこと。」

福村「自社のメソッドを有機的に統合してクリエイティブかつセクシーに経営に貢献しよう。そこに水品の世界観をインクルードするんだ。OK?」 水品「わかりません!」

 

水品「俺も受け売りだけど、「人事は企画職」直接的に利益を上げられない部門なんだから、経営と現場に貢献する為に、ジブンの価値はジブンで作っていかないとだね。」

「アタマ使って頑張ろうよ。高学歴なんでしょ?(笑)手伝うからさ^^」

 

【水品’sの仕事の流儀】

  • ①苦手だからこそ、責任と意志を持つ。必要な事はリスクを取ってでも実行する

  • ②人事として経営・現場へ好影響をもたらす施策を牽引して行う

  • ③自身も「中途入社」なので客観的でフラットな目線を持って判断する

④成果を最大化させる為、周囲の協力者への協力依頼は鉄則。余計なプライドは持たない

 

 

楠「どんだけ優しいんだよこの先輩は。」

水品「あっ、19時!今日はもう帰るわ!」

楠「え、早いっすね!飲み会ですか?」

 

品「いやいや、明日のゴルフが楽しみすぎて、準備しなきゃ!」

 

ドライバーの調子がいいんだよ。ティーショットで会心の一打が出るときは最高だね。キモチイイ。

 

最近ゴルフにハマってるようで、、、、

気づいたら楽しすぎてゴルフクラブに数万使っちゃたそうな笑

みなさんいい表情!晴天かつ大自然のなかでのゴルフって最高ですよね!(やったことないけど。)

 

オーナーシップって大事なんだなー。良いことを知った。また成長してしまいそうです。

 

ちなみに楠はいろんな教えを欲しています!

もしご興味あればどなたでもお助けください。


▼エン・ジャパンは積極採用活動中!興味のある方は下記をクリック!